【北京モーターショー16】ランボルギーニ ウラカン に「アヴィオ」…モチーフは戦闘機

新車 レスポンス

イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニは4月25日、中国で開幕した北京モーターショー16において、『ウラカンLP610-4 アヴィオ』を中国初公開した。

同車は2016年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショー16でワールドプレミア。『ウラカンLP610-4』をベースにした特別モデルで、限定250台が生産される。

その特徴は、戦闘機から着想を得て開発されたという点。アヴィオには、戦闘機に用いられている技術、空力学や人間工学、スタイルなどが導入されている。

具体的には、デジタルインストルメントクラスター、コックピットのようにセンターコンソールに設けられた各制御装置、赤いエンジン始動ボタン、ボディライン、マット仕上げのボディなどを採用。アクセントとして、白またはグレーのストライプが添えられた。

インテリアは、ブラックレザーを基本に、専用のレーザー彫刻による六角形の模様入りアルカンターラを使用。アルカンターラをシート中央、アームレスト、ニーサポート、ドアパネルの一部に使われる。

パワートレインに変更はない。直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力610ps/8250rpm、最大トルク57.1kgm/6500rpmを発生する。トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「LDF」。駆動方式はフルタイム4WD。0-100km加速3.2秒、最高速325km/hという優れた性能を実現している。

  • 森脇稔
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 アヴィオ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ