脱落した積荷が対向車の運転席を直撃、運転者が死亡

社会 レスポンス

26日午後1時25分ごろ、福井県福井市内の国道305号を走行していたトラックに積載されていた材木が落下。対向してきた乗用車を直撃する事故が起きた。この事故で乗用車を運転していた43歳の男性が死亡している。

福井県警・福井南署によると、現場は福井市大丹生町付近で片側1車線の緩やかなカーブ。トラックは材木約100本を積載した状態で走行していたが、左カーブを進行中にこの一部が脱落。対向車線側を走行していた乗用車の運転席を貫通するように突き刺さった。

この事故で乗用車を運転していたあわら市内に在住する43歳の男性が頭部強打でまもなく死亡。助手席の同乗者にケガはなかった。警察はトラックを運転していた福井市内に在住する31歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを続けている。

トラックには太さが異なる材木が積載されており、警察では固定方法に問題があったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ