VWの排ガス不正、リコール作業を ゴルフ で開始へ

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンの乗用車ブランドは4月28日、排ガス不正問題のリコール(回収・無償修理)に関して、『ゴルフ』のリコール作業を開始すると発表した。

フォルクスワーゲンは1月末、排ガス不正が行われたEA189型ディーゼルエンジンに関して、欧州のドイツで、リコール作業に着手。EA189型のうち、まずは「2.0TDI」で、ソフトウェアを更新するリコール作業を開始した。

リコール作業はまず、小型ピックアップトラック『アマロック』で開始。リコール作業では約30分をかけて、ソフトウェアのアップデートを行ってきた。

今回、フォルクスワーゲンは、ゴルフのリコール作業を開始すると発表。これは、KBA(ドイツ連邦自動車庁)から、ゴルフ「2.0TDIブルーモーションテクノロジー」のソフトウェア改修についての承認が得られたため。

フォルクスワーゲンは、「欧州では、ゴルフ2.0TDIブルーモーションテクノロジーのMT車およそ1万5000台が対象。さらなる量販モデルに関するリコールも、近いうちに発表する予定」と説明している。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン ゴルフ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ