GM、米工場に追加投資…低燃費エンジン生産へ

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMは4月27日、米国テネシー州のスプリングヒル工場に、7億8870万ドル(約845億円)を追加投資すると発表した。

同工場への投資計画の発表は、2016年2月に次ぐもの。今回のスプリングヒル工場への追加投資は、新開発の低燃費エンジンの生産や、設備の更新に充当される。

2010年以降、GMのスプリングヒル工場に対しての投資総額は、累計で20億ドルを超えている。

スプリングヒル工場は、1990年に稼働。2007年までは、サターン車を製造。2008年には、シボレーのSUVの生産を開始した。2015年10月からは、キャデラック『XT5』やGMC『アカディア』を組み立ててきた。

北米GMの生産担当マネージャー、アービン・ジョーンズ氏は、「今回の投資が、GMと従業員が顧客中心主義を継続する助けになるだろう」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ