日産、全世界で353万台をリコール…エアバッグに不具合

業界 レスポンス

日産自動車が北米市場を中心に、全世界で約353万台のリコール(回収・無償修理)を行う。

今回のリコールは、助手席エアバッグの不具合によるもの。助手席の乗員が大人か子どもかを検知する装置に不具合があり、万一の衝突事故の際、助手席エアバッグが適切に展開しない可能性がある。

リコールの対象となるのは、全世界で353万2610台。その大半が北米市場で、日本は該当しない。

米国では、2016-2017年モデルの『マキシマ』、2013-2016年モデルの『アルティマ』、『NV200』、『リーフ』、『セントラ』、2013-2017年モデルの『パスファインダー』、2014-2017年モデルの『ローグ』、2015-2016年モデルの『ムラーノ』が対象。

インフィニティブランドでは、2013年モデルの『JX』、2014-2016年モデルの『QX60』、『Q50』(日本名:日産『スカイライン』)が該当する。

  • 森脇稔
  • 日産 ムラーノ
  • インフィニティ Q50(日産 スカイライン)
  • インフィニティ QX60
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ