トヨタのブレーキ合弁、アドヴィックス…増資と持株比率を変更

業界 レスポンス

トヨタ自動車とアイシン精機、デンソー、住友電気工業の4社の合弁会社、アドヴィックスは4月28日、増資および持株比率の変更について合意した、と発表した。

トヨタとアイシン、デンソー、住友電工は2014年11月、ブレーキ事業競争力強化を狙いとし、アドヴィックスへの事業集約について合意。この事業再編を推進する中で、従来のブレーキ開発の効率化を図るとともに、ブレーキ分野における自動運転などの先進技術の高度化への対応を目的に、アドヴィックスの事業基盤強化に向けた増資が必要と判断した。

そこで、第三者割当増資をアイシン、デンソー、トヨタの3社で引き受けることに。同時に、住友電工からデンソーへの株式譲渡を行い、持株比率を変更することを決めた。

アドヴィックスの資本金は現在、70億4000万円。今回、51億6900万円の増資を行い、増資後の資本金を、122億0900万円に引き上げる。

また、持株比率の変更に関しては、アイシンが55%から51%へ、住友電工が18%から6%へ、それぞれ引き下げ。デンソーは、18%から34%へ引き上げる。トヨタの持株比率は、9%で変わらない。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ