マツダの新技術「G-VECTORING CONTROL」をダート路で試す[動画]

業界 レスポンス

マツダが発表した「G-VECTORING CONTROL(ジーベクタリングコントロール、GVC)」の効果は、とにかく乗ってみればわかると、発表会は栃木のテストコースにて行われ試乗車が用意された。制御の有無の違いを砂利道での比較動画で見てみよう。

試乗に使われた車は、『アクセラ』スポーツ。1.5リットルのガソリンエンジン、マニュアル車。タイヤは205/60R16となる。

GVCによって制御された車は、ドライバーはハンドルの微妙な修正操作が低減され、同乗者が感じる不快なGも抑えられるという。原理や技術の説明を聞いただけでは、にわかに信じがたいのだが、試乗してみると確かに違う。記事を書くために集中して運転しているから感じられる部分もあるだろうが、GVCオン、オフの違いは体感できるレベルといえる。

砂利道では、常に細かい修正操舵が要求されるが、GVCをオンにすると、まるで砂利道でないかのように運転できる。路面からのキックバックがやわらかくなったような感覚だ。コーナリング中も、道なりの操作で問題ない。ハンドルを切りすぎて戻すことも少なくなる。このあたりの違いは、動画でもある程度は確認できる。カメラの動き(=車体の動き)やステアリング上の黄色いマーカーの動きなどよく比べてみてほしい。

運転そのものは普通に操作している感覚なのだが、感じる振動やGはスムースになり運転がうまくなったような感覚に陥る。その制御は人間の知覚閾値以内とのことだが、それで車の動きがこうもスムースになるのは、なんとも不思議だ。

なお、砂利道走行直後にデータロガーによる解析グラフを見せてもらった(写真)のだが、GVC制御の有無による舵角、操舵速度の違いがはっきり表れていた。あらかじめ用意されたグラフではなく、試乗会の現場で採取したデータでこれほど顕著な違いが表われるというのは、やはり注目すべき技術といえるだろう。

  • 中尾真二
  • マツダ「G-VECTORING CONTROL」発表会。ダート路でその効果を試した。《撮影 吉田瑶子》
  • G-VECTORING CONTROLの制御イメージ 
  • レーンチェンジの比較画像 
  • 砂利道走行のログデータ。ステアリング操作がこれだけスムースいなった 
  • マツダ「G-VECTORING CONTROL」発表会。ダート路でその効果を試した。《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ「G-VECTORING CONTROL」発表会。ダート路でその効果を試した。《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ「G-VECTORING CONTROL」発表会。ダート路でその効果を試した。《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ「G-VECTORING CONTROL」発表会。ダート路でその効果を試した。《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ「G-VECTORING CONTROL」発表会。ダート路でその効果を試した。《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ「G-VECTORING CONTROL」発表会。ダート路でその効果を試した。《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ「G-VECTORING CONTROL」発表会。ダート路でその効果を試した。《撮影 吉田瑶子》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ