ポルシェミュージアム、特別展示…トランスアクスルの「924」デビュー40周年

業界 レスポンス

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは4月28日、ドイツのポルシェミュージアムにおいて、特別展示「トランスアクスルの時代。924から928まで」を開催すると発表した。

トランスアクスルは、スポーツカーにとって理想的なレイアウトのひとつ。ポルシェの歴史から見ると、独創的な存在であり、その歴史は1976年にトランスアクスルパワートレーンの駆動方式を導入し、新たな領域を開拓した『タイプ924』まで遡る。

そして、1976年から1995年の約20年間で、911で確立された原理とは全く異なる、タイプ924、『928』、『944』および『968』を生み出した。ポルシェミュージアムの「トランスアクスルの時代。924から928まで」は、924のデビューから40周年を迎えることを記念した特別展示となる。

ポルシェミュージアムでは、選びぬかれた23台の車を展示。それらのうち半数以上が、ミュージアム初展示となる。

トランスアクスルモデルは、発売当時、目覚ましい成功を収めた。新しいドライブトレーンをもつモデルの販売台数は、全世界で約40万台に到達。ポルシェは、「このような成功の背景となったのが、スポーツ性と居住性・快適性を同時に実現するというポルシェ特有の理念」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • ポルシェミュージアムの特別展示「トランスアクスルの時代。924から928まで」
  • ポルシェミュージアムの特別展示「トランスアクスルの時代。924から928まで」
  • ポルシェミュージアムの特別展示「トランスアクスルの時代。924から928まで」
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ