FCA、グーグルと提携の可能性…自動運転車で協力か

モータースポーツ レスポンス

欧米の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)。同社がグーグル(Google)と、自動運転車の分野で提携する可能性が出てきた。

これは4月28日、米国の『ウォール・ストリート・ジャーナル』誌の電子版が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報を元に、「FCAとグーグルが、自動運転車のテクノロジーの分野で提携交渉中」と伝えている。

グーグルは、自動運転車の早期実用化を目指して、研究開発を推進している。しかし、自動運転車の生産に関しては、自動車メーカーと手を組む方針と見られる。

一方、フィアットとクライスラーの合併で誕生したFCAは、米国ビッグ2のGMとフォードモーター、欧州のダイムラーやフォルクスワーゲングループと比較すると、自動運転車の開発に出遅れ感がある。

FCAを率いるセルジオ・マルキオンネCEOは、他社との提携に積極的な姿勢。果たして、FCAとグーグルの提携は、実現するか。

  • 森脇稔
  • FCAとグーグルが自動運転車のテクノロジーの分野で提携交渉中と伝えた米『ウォール・ストリート・ジャーナル』
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ