【キャデラック CT6】「軽量ドライバーズカー」でドイツ勢に対抗する

新車 レスポンス

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、キャデラックのセダンラインナップに、トップモデルとなる『CT6』を追加した。

「フルサイズのプレステージセダンとして、ラグジュアリーセグメントのユーザーが求めるクルマに仕上がっている」と話すのは、キャデラックチーフマーケティングオフィサーのウヴァ・エリングハウス氏だ。

そして、「CT6が属するセグメントにおいて、運転するのが楽しいという特徴で差別化したい」と話す。つまり、「ドイツ車が多く走っているからこそ、その中で際立つ存在にるのだ」という。

具体的には、「快適さとスポーティさの全ての均衡を取るのが競合他社であるのに対し、キャデラックはドライバーズカーを作りたい。運転が楽しいというところに特化したいのだ」と説明。単に競合車を真似るのではなく、違う特徴をユーザーに提供することで、「競合を寄せ付けない新たなポジションに立てる」とした。

エリングハウス氏はその運転の楽しさを実現するのはボディの軽量化にあるという。「BMW『7シリーズ』やアウディ『A8』などの競合車と比較し、このセグメントでは最軽量(最軽量グレードで1659kg)を誇っている。その結果、CT6を運転すると、実際よりも一回り小さいクルマを運転しているような錯覚にとらわれるだろう」と述べる。

このセグメントのユーザーは、「運転を楽しみたいが、室内空間は十分に欲しいという方たちだ。ドイツ競合車に乗っているユーザーに対して、室内の広さを確保しながらも、更に運転を楽しめるクルマとしてアピールしたい」と語った。

  • 内田俊一
  • キャデラック CT6《撮影 内田俊一》
  • キャデラック CT6《撮影 内田俊一》
  • キャデラック CT6《撮影 内田俊一》
  • キャデラック CT6《撮影 内田俊一》
  • キャデラック CT6《撮影 内田俊一》
  • キャデラック CT6《撮影 内田俊一》
  • キャデラック CT6 発表会《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ