【SUPER GT】今季オートポリス戦の中止が決定…代替として、8月富士か11月もてぎの2レース化を検討中

モータースポーツ レスポンス

4日、SUPER GTのシリーズ運営団体「GTA」の坂東正明代表が第2戦開催中の富士スピードウェイで定例会見に臨み、延期が決まっていた九州オートポリス戦の中止と、代替として8月の富士戦か11月のもてぎ戦いずれかでの2レース実施を検討していることを公表した。

大分県のオートポリスでのレースは5月21〜22日に予定されていたが、4月中旬の九州地方における震災発生を受け、既に開催延期が決まっていた。4月14日の最初の大きな地震によるオートポリスそのものの大きな損壊等はなかった模様だが、翌日深夜(16日未明)の再度の大きな地震以降、オートポリスにも明確な被害が生じている。コース、そして施設・建物への影響もあるなか、GTAと関連各所は今季のオートポリス戦中止の決定に至った。

なお、代替案として「残りのレースのどこかを2レース化する方向で検討している」ことも坂東代表は併せて公表。さらに、具体的な可能性があるのは8月6〜7日の富士戦か11月12〜13日のツインリンクもてぎ戦(最終戦)であることも明らかにし、「5月中には正式に発表できると思います」としている。

SUPER GTの場合は予選方式やウエイトハンデ制をどう取り扱うのか等、2レース制の施行詳細決定に際しては複雑な要素も少なくないが、いずれにせよ今季シリーズは7大会に減りながらも、全8レース催行は維持、というかたちで進められていくことになる。

  • 遠藤俊幸
  • 定例会見に臨んだGTAの坂東代表。《撮影 遠藤俊幸》
  • 昨年11月のSUPER GTもてぎ戦。《写真 GTA》
  • 昨年8月のSUPER GT富士戦。《写真 GTA》
  • 今季SUPER GT第2戦富士、予選日の模様。《撮影 益田和久》
  • SUPER GT第2戦富士、GT500はGT-R勢のフロントロウ対決。《撮影 遠藤俊幸》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ