ハーレーダビッドソン、南仏マルセイユで新型「ロードスター」を初披露

モーターサイクル レスポンス

ハーレーダビッドソンのニューモデル『ROADSTER(ロードスター)』のプレスローンチが、現地時間4月28日の夜、フランス・マルセイユにある正規販売店 ハーレーダビッドソン・マルセイユにて開催された。

デザインを担当した同社インダストリアルデザイナーのベン・マクギネリー氏は、新設計のローライズハンドルバーの採用について「乗り手が前傾姿勢になるアグレシッブなライディングスタイルをアピールしたかった」と説明し、ヤングアダルト(年齢20〜30代)をメインターゲットにしていることを明らかにした。

スポーツスターファミリーにカテゴライズされ、1200cc空冷Vツインエンジンを搭載するロードスターは、車体全体を黒尽くめにしたダークカスタムコンセプトに基づいたモデルで、『ローライダーS』、『フォーティーエイト』、『ストリート750』、『ストリートボブ』、『ファットボブ』、『アイアン883』らに次ぐダークカスタムモデルとなる。

注目は倒立式フロントフォークの採用で、ロードスターのネーミングに相応しくスポーティな走りを実現する狙いが込められた。インナーチューブ径は43mmで、減衰力の調整機構は持たない。スポーツスターファミリーに倒立フォークが与えられるのは、2011年モデルまでラインナップに名を連ねた『XR1200X』以来となる。

フロントブレーキはφ300mmフローティングマウント式ローターをデュアル装備し、ABSを標準装備。フロント19、リア18インチの軽量アルミキャストホイールにダンロップ製のラジアルタイヤを履き、リアサスペンションにもプレミアムライド・エマルジョンショックを備えるなど足まわりを充実させているのが特徴だ。

車体色(税込み車体本体価格)はビビッドブラック(154万円)をはじめ、ブラックデニム(156万2000円)、ベロシティーレッドサングロ(156万2000円)、ビレットシルバー/ビビッドブラック(158万4000円)の4色を設定し、日本のHDJディーラーでお目にかかれるのは、早くても5月下旬となりそうとのこと。

また、1月下旬に発表し、すでに日本でも販売が開始されている『LOWRIDER S(ローライダーS)』も改めて披露。同社プロダクトプランニング・ディレクターのポール・ジェームス氏は、「ブラックアウトした精悍なスタイリングの車体に搭載するエンジンは、110キュービックインチ(1801cc)までスケールアップしたパワフルな空冷Vツインで、フロント、リアともにプレミアムサスペンションを備える」と紹介した。

ローライダーSはビビッドブラックのみで、税込み車体本体価格は229万円となっている。

  • 青木タカオ
  • ハーレーダビッドソン ロードスター 新型撮影 青木タカオ
  • ハーレーダビッドソン ロードスター 新型撮影 青木タカオ
  • ハーレーダビッドソン ロードスター 新型撮影 青木タカオ
  • ハーレーダビッドソン ロードスター 新型撮影 青木タカオ
  • H-D インダストリアルデザイナーのベン・マクギネリー氏。撮影 青木タカオ
  • ハーレーダビッドソン ロードスター 新型画像 HARLEY-DAVIDSON
  • H-D プロダクトプランニング・ディレクターのポール・ジェームス氏。画像 HARLEY-DAVIDSON
  • H-D インダストリアルデザイナーのベン・マクギネリー氏。画像 HARLEY-DAVIDSON
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ