アウディ、ドイツ工場を拡張…改良新型 A8 を生産開始

業界 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディは4月22日、ドイツ・ネッカースウルム工場において、改良新型『A8』の生産を開始した。

ネッカースウルム工場は、アウディの主力工場のひとつ。アウディは同工場に投資を行い、17か月をかけて、拡張工事に取り組んできた。

そして今回、A8用の新たな組み立てラインと車体プレス工場が完成。アウディは最新鋭の設備を導入した新工場で、改良新型A8の生産を開始している。

ネッカースウルム工場では、1994年の初代モデルから一貫して、A8の生産を行ってきた。同工場では、大型セダンの生産拠点としての地位を強化していく。

アウディ取締役会のHubert Waltl生産担当取締役は、「改良新型A8の生産は、ネッカースウルム工場にとって、重要なマイルストーン」と述べている。

  • 森脇稔
  • ネッカースウルム工場で生産が開始された改良新型アウディA8
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ