【ジャガー XF 新型】本来のポジショニングに戻った2代目

新車 レスポンス

ジャガー・ランドローバー・ジャパンが導入を開始しているジャガーの中核車種『XF』。今回のフルモデルチェンジで若干のポジショニングが変更されたという。

XFは2007年の発売以降2014年までに全世界で28万台を販売。ダイナミックかつラグジュアリーなプレミアムサルーンというポジショニングを維持してきた。

2014年にXFよりも小型のサルーンである『XE』が導入されたことで、「ジャガーサルーンのラインナップも若干ポジショニングが変更された」とはジャガー・ランドローバー・ジャパンディーラー開発部の内藤久善氏の弁。

「XEをDセグメント(BMW『3シリーズ』、メルセデス『Cクラス』が属する)に導入したことで、XFがこれまでカバーしていた領域をXEに任せ、新型XFは本来のセグメント(BMW『5シリーズ』やメルセデス『Eクラス』などが属するEセグメント)を中心に、より上級へ移行。更に今後登場するであろう次期型の『XJ』も更に上級移行、ラグジュアリー志向を高めていく」とコメントする。

2代目になったXFの大きな特徴はアルミニウムボディを採用していることだ。今回のボディはXEから登場した「D7A」というアーキテクチャーを採用しており、全体の75%がアルミニウムで構成されている。また、ディーゼルエンジンもジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手掛けた“インジニウム”ディーゼルエンジンが投入される。この意味は「ラテン語で“知力”を意味するもので、英語のエンジン、エンジニアの語源でもある。まさに新開発の最新型エンジンにふさわしいネーミングだ」と語った

  • 内田俊一
  • ジャガー XF《撮影 内田俊一》
  • ジャガー XF《撮影 内田俊一》
  • ジャガー XF《撮影 内田俊一》
  • ジャガー XF《撮影 内田俊一》
  • ジャガー XF《撮影 内田俊一》
  • ジャガー XF《撮影 内田俊一》
  • ジャガー XF《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ