ポルシェ、研究開発担当取締役が退任…ディーゼル問題の影響

業界 レスポンス

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは5月3日、研究開発部門担当のヴォルフガング・ハッツ取締役が退任すると発表した。

ヴォルフガング・ハッツ取締役は現在57歳。2011年2月から、ポルシェの研究開発部門を率いてきた。在任中、『918スパイダー』をはじめ、多くの新型車を発売し、成功を収めている。

また同取締役は、2015年のルマン24時間レースにおいて、最高峰のLMP1クラスを制したレーシングカーの開発にも貢献。さらに、EVスポーツコンセプトカー、『ミッションE』の開発でも、重要な役割を果たしてきた。

今回の退任の理由は、フォルクスワーゲングループのディーゼル不正問題の影響。同氏は2015年9月の問題発覚後、社内調査を受けてきた。同氏が不正に関わった証拠はない、と結論づけられたが、同氏の申し出により、ポルシェを退職することに。

ポルシェ取締役会のオリバー・ブルーメ会長は、「ヴォルフガング・ハッツ取締役の優れた作品の集大成といえるのが、2015年のルマンを制したLMP1マシンだった」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ