クムホタイヤ、米国ジョージア工場が完成…初の北米生産拠点

業界 レスポンス

韓国・クムホタイヤは5月2日、米国ジョージア州メイコン市に建設中だった同社初となる北米生産拠点が竣工したと発表した。

ジョージア工場は、中国、ベトナムに続く3か国目の海外生産拠点。主に17インチ以上の乗用車用タイヤを生産し、北米地域における新車装着用タイヤ(OE)として供給する予定だ。

ジョージア工場は2008年5月の着工後、リーマンショックの影響を受け、建設が一時中断となっていたが、2014年に建設を再開。総額4億5000万米ドル(約482億円)を投じ、今年竣工となった。当初の年間生産能力は400万本。今後、段階的に生産能力を上げていき、最終的には年間1000万本にする予定だ。

また、ジョージア工場には独自開発した自動生産システム「APU(Automated Production Unit)」の導入や「RFID(Radio Frequency Identification)」を活用した生産トラッキングシステムを構築するなど、品質および生産効率を高めている。

クムホ・アシアナグループのパク・サムグ会長は「北米市場は自動車とタイヤ産業が高度に発達した地域であり、クムホタイヤがグローバルトップタイヤメーカーとして成長するためにはこの地に生産拠点を建設し積極的に市場を拡大していくことが不可欠だ」とコメントしている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • クムホタイヤ 米国ジョージア工場 竣工式
  • クムホタイヤ 米国ジョージア工場 竣工式
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ