オリックスレンタカー、首都圏18拠点に新型アウディ Q7 などを導入

業界 レスポンス

オリックス自動車とタステック・レンタリースは、5月9日からアウディ新型『Q7』『A4』および『SQ5』のレンタルを、首都圏エリアのオリックスレンタカー18拠点にて開始すると発表した。

今回、オリックスレンタカーFCで輸入車や高級車を中心に取り扱うタステック・レンタリースにアウディ車を提供するのは、首都圏で9店舗の直営ディーラーを運営するアウディジャパン販売。新型アウディ車のクオリティや走りの良さ、最新のドライバーアシスタンスシステムなどを知ってもらうことを目的にレンタカー拠点への投入を決定した。

タステックグループは、1997年4月より「オリックスレンタカー」ブランドでのレンタカー事業を開始し、多くの輸入車レンタカーを取り揃えている。アウディ車については、2015年7月に新型『A1』を20台導入したほか、ほぼすべてのアウディモデルをラインアップしている。

タステック・レンタリースでは、アウディ3車種の導入を記念し、5月9日から10月31日まで「高級車プライスダウンキャンペーン」を実施し、最大47%オフの特別料金で提供する。アウディ3車種の料金(6時間)は、Q7が通常3万0240円のところ1万6038円、A4が通常1万6740円のところ9828円、SQ5が通常2万2140円のところ1万2177円となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • アウディ Q7/A4/SQ5
  • アウディ A4セダン 新型(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ