VW 、新世代TSIエンジン発表…1.5ターボで燃費10%向上

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは4月28日、オーストリアで開幕した「ウィーン国際エンジンシンポジウム」において、新世代の「TSI」エンジンを発表した。

TSIは、フォルクスワーゲングループ各車に広く搭載されている直噴ガソリンエンジン。「EA211 TSI evo」と命名された新しいエンジンには、数々の先進技術を導入。その中でも、可変タービンジオメトリーを採用したターボチャージャーは、同社によると、大量生産を前提としたガソリンエンジンでは、初の技術になるという。

新開発のTSIエンジンは、排気量が1.5リットルの直列4気筒。12.5:1という高圧縮比と組み合わせたミラーサイクル燃焼方式、可変タービンジオメトリー(VTG)を採用したターボチャージャー、最大350バールの噴射圧を実現したコモンレール燃料噴射システム、革新的なサーマルマネジメント(熱管理)、シリンダー休止のACT、APS(アトモスフェリックプラズマスプレー)コーティングしたシリンダーウォールなどを採用。

最大出力は130psと150psの2種類。最大トルクは、1300rpmの低い回転域から、幅広い作動範囲で発生。従来の1.4TSIエンジンと比べて100km走行あたりの燃料消費量が1リットル削減されるなど、実用燃費が大幅に向上した。同社によると、燃費を最大10%も向上させているという。

同社は、「重要なのは、燃費がとても幅広い作動領域で改善しているということ。その結果、単にテストベンチ上だけでなく、顧客が日々運転する中で、明確な効果が確認できるようになった」と説明している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ