BMW 1シリーズ、クリーンディーゼル搭載モデルを追加…365万円より

新車 レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW『1シリーズ』に、新世代4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載した『118d』を追加し、5月21日より販売を開始する。

118dは、新世代の2リットル直列4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載。最新のコモンレール・ダイレクト・インジェクション・システムと可変ジオメトリー・ターボチャージャーを組み合わせ、最高出力150ps、最大トルク320Nmを発揮し、ディーゼルエンジンならではのパワフルな走りを実現する。

高効率なエンジンに加え、8速ATやエンジン・オート・スタート/ストップ機能など、環境対応技術を数多く採用し、22.2km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現。同等のガソリンエンジンを搭載する『118i』からさらに約2割の燃費向上を果たしている。

また、排出ガス処理技術「BMW BluePerformanceテクノロジー」を採用し、ポスト新長期規制に適合する優れた環境性能を実現。これにより、エコカー減税対象車の認定を受け、自動車取得税・重量税が免税(100%減税)となり、翌年度の自動車税も75%減税となる。

価格は118iと比べ21万円のアップに抑え、「スポーツ」および「ラグジュアリー」が365万円、「Mスポーツ」は385万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ