タカタ、エアバッグのリコール費用追加で130億円の赤字に転落

業界 レスポンス

タカタは5月9日、2016年3月期決算の最終損益が130億円の赤字となると発表した。従来予想は50億円の黒字だった。

タカタは、5月3日にエアバッグのリコール費用として201億円を特別損失として追加計上することを発表。最終損益を従来予想の50億円から180億円減額し、130億円の赤字とした。

また、売上高は20億円減の7180億円、営業利益は20億円増の420億円、経常利益は15億円減の350億円にそれぞれ修正した。

なお、米高速道路交通安全局は、タカタ製エアバッグのリコール対象の拡大を命じる方向で検討しているが、今回の特別損失には含まれていない。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ