富士急行バス、東京駅〜富士五湖・富士急ハイランド線を1日20便運行開始

業界 レスポンス

富士急行は、東京駅と富士山方面を結ぶ高速バス2路線を中央道経由に統一し、5月9日より「東京駅〜富士五湖・富士急ハイランド線」として一日20便を運行する。

今回、東京駅八重洲南口高速バスターミナルから東名高速道路を経由して富士五湖地域へ向かう「東京駅・市が尾〜富士五湖線(東名経由)」と、東京駅八重洲北口鉄鋼ビルより中央道を経由する「東京駅(鉄鋼ビル)〜富士五湖線(中央道経由)」の2路線を中央道経由に一本化。所要時間を約2時間に短縮するとともに、乗車率の高い朝の時間帯を増発し、一日20往復を運行する。

なお、20便のうち2往復は山中湖発着、1往復は「東京ドームホテル」経由となる。通常運賃(片道)は東京駅・東京ドームホテルから富士急ハイランド・富士山駅・河口湖駅が大人/中高生1800円、小人900円など。また、運行開始に伴い、富士急ハイランドフリーパスと高速バスの往復乗車券がセットになったお得な「得Qパック」(大人7100円)も発売する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ