FCA US、北米で20万台をリコール…ダッジのSUV

業界 レスポンス

米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)。同社が北米で、およそ20万台のリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは5月6日、FCA USが明らかにしたもの。「北米において、合計19万8380台のリコールを、当局に届け出た」と発表している。

今回のリコールは、オプションのエンジンブロックの熱を利用したヒーターの不具合が原因。同社によると、酷寒状態においてエンジン始動時、パワーステアリングのフルードが漏れ出す可能性があるという。

リコールの対象となるのは、2009-2016年モデルのダッジのSUV、『ジャーニー』の一部。米国では1万0944台、カナダでは18万7436台がリコールに該当する。

FCA USは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、部品を交換するリコール作業を行うとしている。

  • 森脇稔
  • ダッジ ジャーニー
  • ダッジ ジャーニー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ