フェラーリ GTC4ルッソ 日本発表、シューティングブレークデザイン受け継いだ最新モデル

新車 レスポンス

フェラーリジャパンはジュネーブモーターショー2016でデビューした『GTC4ルッソ』を極東エリアで初めて公開した。価格は3470万円。

このクルマのネーミングのもとになっているクルマについて、フェラーリ極東エリア統括CEOのディーター・クネヒテル氏は、「『330GTC』は50年前の1966年にジュネーブショーで発表された、フェラーリの伝説的な4シーターモデルだ。そして、『250GTベルリネッタルッソ』は1963年に作られ、このルッソにはラグジュアリーという意味も含んでいる。これら歴代の名車からその名を引き継いだ、4シーターフェラーリの系譜の最新モデルだ」と位置付ける。

また、フェラーリ日本導入50周年であることを踏まえ、「フェラーリのルーツはレースだが、この50年の間フェラーリはデザインに妥協することなく、それらを大切に思ってくれる日本のユーザーやファンに向けて美しいクルマの数々を届けてきた。感動を呼び起こすデザインは、我々の情熱だ」とし、今回発表したGTC4ルッソも例外でないことを強調する。

2011年に発表した『FF』の特徴は「シューティングブレークデザインで、このデザインを採用したフェラーリとして初めてのモデルだった」とクネヒテル氏。そして、GTC4ルッソもこのシューティングブレークデザインを受け継いで開発された。しかし、「FFとの共通点はこの1点だけだ。それ以外GTC4ルッソは完全な新型モデルだ」とした。

  • 内田俊一
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 250GTベルリネッタルッソ(右)と330GTC(左)《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ