トヨタ、中南米初のエンジン工場がブラジルで稼働開始

業界 レスポンス

トヨタ自動車のブラジルにおける製造・販売会社であるブラジルトヨタ(TDB)は、中南米地域で初となるエンジン工場を今年2月より稼働を開始し、5月10日(現地時間)に開所式を実施した。

同工場は、同じサンパウロ州で車両を生産するインダイアツーバ工場とソロカバ工場の中間地点にあるポルトフェリス市に約180億円(約5億8000万レアル)を投じて建設。生産能力は年産10万8000基、従業員数は約320名で、排気量1.3リットルと1.5リットルのNRエンジンを生産し『エティオス』に搭載する。

トヨタは「持続的に成長し続ける企業」を目指し、「量を求めた工場づくり」から発想を大きく転換し、「競争力のある新しい工場づくり」に取り組んでいる。ポルトフェリスエンジン工場においても、今年3月に開所式を行ったインドネシアのカラワンエンジン工場と同様に、「シンプル&スリム」「フレキシブル」をキーワードに、日本の工場でも導入を進めている革新的生産技術を導入。その結果、エンジン工場の主要工程を一つの建屋に集約し、コンパクトで需要変動に強い工場が完成した。工場設備の初期投資部分についても、2008年と比較して約40%低減を達成している。

式典でトヨタのセント・アンジェロ専務役員は、「トヨタは持続的に成長し続ける企業を目指している。今回のエンジン工場での生産開始は、アルゼンチン、ベネズエラ、およびブラジルでの車両生産とともに、中南米地域の今後の更なる発展に貢献し、トヨタの長期戦略の礎となるだろう」と述べた。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ