トヨタ、17年3月期の営業利益は40%減の1兆7000億円を予想

業界 レスポンス

トヨタ自動車は5月11日、2016年3月期の連結決算と今期(17年3月期)の業績予想を発表した。今期は円高の影響などにより営業利益は前期比40%減の1兆7000億円と、5期ぶりの減益を見込んだ。

今期の連結世界販売は3%増の890万台の計画としている。『プリウス』など新車投入の多い日本で9%、低迷していたアジアでは5%の増加を図る。主力の北米はほぼ横ばいの285万台と堅調な販売を持続する。為替は1ドル105円、1ユーロ120円を前提にしており、営業損益段階で9350億円もの減益要因になる。

原価改善で3400億円の増益効果を見込むが、為替変動の影響を吸収しきれない。純利益は35%減の1兆5000億円と、5期ぶりの減益予想。

16年3月期は北米販売の伸びなどにより、営業利益は前期比4%増の2兆8539億円、純利益は6%増の2兆3126億と、いずれも3期連続での過去最高となった。

都内で記者会見した豊田章男社長は「これまでは為替の追い風で実力以上に収益の拡大局面が続いたが、今年から大きく潮目が変わった」と指摘。その上で、「意思あるチャレンジを更に進める」とし、もっといいクルマづくりの着実な推進、未来への種まき、強靭な財務基盤構築ーの3項目の取り組み強化を掲げた。

  • 池原照雄
  • トヨタ自動車 豊田章男社長《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ