首都高の大井JCT、湾岸線=羽田線が長期通行止め〜6月8日から40カ月

業界 レスポンス

首都高速道路によると、大井JCT(湾岸線→羽田線)の経路が2016年6月8日〜2019年9月末までの40カ月間の長期通行止めとなる。

高速1号羽田線は、1964年の東京オリンピック開催等の社会的要請から、用地買収が必要ない海上部に建設された。1963年に開通し、約50年が経過した。現在では1日平均約7万台が利用する過酷な使用状況であり、さらに京浜運河内の海水面と高速道路構造物が近いなど激しい腐食環境にある。コンクリートの剥離や鉄筋の腐食等の損傷が多数発生している。そこで長期的な安全性を確保するために構造物の更新(造り替え)が必要となった。

この通行止めは、羽田線(上り)の迂回路を設置し、大井JCTを接続するまで実施する。接続が完了した後は再度利用できる。湾岸線から都心部に行く場合は、深川線(上り)か台場線(上り)等を利用してほしいと首都高では説明している。ただし、湾岸線から中央環状線(山手トンネル)へ向かう経路は引き続き利用できる。大井JCT経由で羽田線の芝浦出口(上り)への利用はできないので、芝浦周辺に行く場合は、湾岸線の大井南出口(東行き)を利用することになる。

  • 編集部
  • 首都高開通からの経過年数
  • 工事期間中の迂回路
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ