ボルボ、新世代チャイルドシート3機種を欧州で発表

業界 レスポンス

スウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズは5月11日、新世代チャイルドシート3機種を欧州で発表した。

ボルボカーズは自動車の衝突テストにおいて、チャイルドシートを使用した最初の自動車メーカー。その歴史は、1960年代初頭にまで遡る。

今回、欧州で発表された新世代チャイルドシート3機種は、ボルボカーズのチャイルドシート開発のノウハウを凝縮。デザイン、快適性、利便性の3点に重点を置いて開発が進められた。

新世代チャイルドシートは、1歳までの新生児用、生後9か月から6歳用、3歳から10歳用の3機種。全体の80%をウール素材とし、滑らかな触感を追求。さらに、優れた耐久性や気温を問わない快適性を実現する。

ボルボカーズのセーフティセンターのシニアテクニカルリーダー、ロッタ・ヤコブソン氏は、「多くの人々にとって、車内における子どもの安全性は難しい課題。我々は長年、チャイルドシートの正しい使い方を明確化することに注力してきた」と語っている。

  • 森脇稔
  • ボルボの新世代チャイルドシート
  • ボルボの新世代チャイルドシート
  • ボルボの新世代チャイルドシート
  • ボルボの新世代チャイルドシート
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ