ルノー日産と三菱、960万台規模の巨大グループへ…トヨタやVWに接近

業界 レスポンス

5月12日、日産自動車と三菱自動車が資本提携を発表した。これにより、世界の自動車メーカーの勢力図は大きく変わる。

ルノー日産の2015年の世界新車販売台数は、ルノーグループ、日産自動車、ロシアのアフトワズを含めて852万8887台。前年比は1%増だった。

ここに、三菱自動車の2015年実績が加わると、ルノー日産と三菱を合わせて、およそ960万台に。1000万台が目前の巨大グループ誕生となる。

2015年の世界新車販売において、4年連続で首位に立ったトヨタ自動車。ダイハツと日野を含めたグループ全体の2015年の世界新車販売は、前年比0.8%減の1015万1000台だった。

トヨタと世界一を争っているのは、欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループと、米国の自動車最大手のGM。2015 年の世界新車販売は、フォルクスワーゲングループが前年比2%減の993万0600台。GMが前年比0.2%増の984万0786台。

今回の資本提携により、ルノー日産と三菱連合は、トヨタ、フォルクスワーゲン、GMに接近する世界第4位の地位を固める。日産のカルロス・ゴーン社長兼CEOは、今回の資本提携に際して、「新たな自動車産業の勢力ができあがる」と述べており、将来的には、世界トップ3も視野に入ることになりそうだ。

  • 森脇稔
  • 日産自動車グローバル本社(12日)《写真 Getty Images》
  • 三菱自動車本社(12日)《写真 Getty images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ