GMの10速AT、カマロ に搭載へ…ギアチェンジはポルシェPDKより瞬時

新車 レスポンス

米国の自動車最大手、GMは5月11日、新開発の10速ATの詳細を明らかにした。

世界の自動車メーカーでは、ATの多段化がトレンド。この流れに従い、GMは10速ATを新開発。GMは、「10速ATの市販乗用車への搭載は、GMが世界初」と説明する。

GMがアピールするのは、ギアチェンジに要する時間の短さ。GMの社内テストでは、ポルシェのデュアルクラッチトランスミッション、「PDK」よりも、素早いシフトチェンジが確認されたという。

具体的には、1速から2速へのギアチェンジは、GMの10速ATがPDKよりも36%速い。同様に、2‐3速では27%、3‐4速では26%、GMの10速ATがPDKよりも素早いシフトチェンジを実現するという。

GMはこの10速ATを、2017年モデルのシボレー『カマロ』の高性能グレード、「ZL1」に採用。さらに2018年までに、後輪駆動車合計8モデルに設定する計画。

  • 森脇稔
  • シボレーカマロZL1に搭載されるGMの新開発10速AT
  • シボレーカマロZL1
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ