【新聞ウォッチ】日産ゴーン社長「好機」と即断即決、三菱自株468円52銭の安値で取得

モータースポーツ レスポンス

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2016年5月13日付

●日産「三菱ブランド維持」計960万台、世界3強に迫る、資本提携発表(読売・1面)

●燃費偽装重い補償、三菱自本社きょう立ち入り、国交省(読売・2面)

●「SUBARU」で世界狙う、富士重社名変更(読売・8面)

●三菱自本社改ざん指示、燃費データ、子会社に(朝日・1面)

●日産の三菱自支援、戸惑うサッカーファン、レッズとマリノスどうなるの(産経・28面)

●排ガス規制逃れオペルにも疑い、独で報道(東京・7面)

●街角景気、熊本地震に影、車など生産に打撃(日経・2面)

●ホンダ、タイ新工場公開、組み立て効率10%向上(日経・9面)

ひとくちコメント

日産自動車が、三菱自動車の株式34%を約2370億円で取得して筆頭株主になり、事実上、グループの傘下に収めることになった。

きのうは日産の決算発表の時間を急きょ後に遅らせ、午後4時から日産本社のある横浜駅近くのイベントホールで、日産のカルロス・ゴーン社長と三菱自の益子修会長が出席して緊急記者会見が行われた。きょうの各紙も「日産・三菱自資本提携」の続報記事で1面、経済面などで埋め尽くされている。

きょうも読売、毎日、日経が1面トップ。読売は「日産『三菱ブランド維持』、世界3強に迫る」としたほか、毎日は「ゴーン氏『好機だった』、燃費不正で急展開」。日経は「生産拠点を一体運営、三菱自に会長派遣」とのタイトルである。

こうした中、5月12日の朝刊では「三菱自 日産傘下に」を報じなかった朝日は、きょうの1面では「三菱自本社改ざん指示」を掲載して“独自色”を鮮明にしている。

各紙の社説のテーマでも「日産の三菱自支援」を取り上げている。「信頼の失墜が招いた再編劇」(読売)、「三菱自、疑惑も解明を」(東京)などと、三菱自が日産傘下で再建を目指すことにはぎりぎりの判断だったとして好意的な見方も多い。だが、その前提としては「疑惑の全容解明は必要だ」との指摘は当然だろう。

恐らく、「急転直下」とでも表現したいところだろうが、燃費データの偽装問題については相変わらず「調査中」で不透明なままである。

今後の焦点は、燃費偽装の実態究明とともに、日産と三菱自のアライアンスの行方である。もっとも、昨夜は、三菱自との資本提携を「好機」ととらえたゴーン社長はNHKをはじめテレビ朝日、テレビ東京など久しぶりに夜のワイドニュース番組に掛け持ちで生出演。

まるでお祭り気分のように、アライアンスのメリットを強調しながら日産の元気ぶりをアピールしていた。それもそのはず、日産にとっては、不祥事で低迷した三菱自株を一株当たり468円52銭の安値で取得。しかも、年間100万台規模の台数が労せずして加算され世界のビッグ3入りも可能になる。

加えて、日産からは「会長のポストや開発担当役員の派遣も取り交わしている。恐らく、派遣人事では、ポストゴーンの修業の場としても活躍が期待できる有能な人材を送り込むことになるだろう」。

  • 福田俊之
  • 日産 三菱 提携会見《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ