日産ゴーンCEO「主要な日系メーカーのダイナミックなパートナーシップ」

業界 レスポンス

日産自動車と三菱自動車は5月12日、資本業務提携することで合意した。日産が2370億円で三菱自株の34%を取得し、筆頭株主となるとともに、購買やプラットフォームの共用、開発分担など広範囲にわたる協業も行っていくという。

日産のカルロス・ゴーンCEOは同日横浜市で会見し、「これは2つの主要な日系メーカーのダイナミックなパートナーシップであり、それぞれの会社の潜在力を伸ばす取り組み」とした上で、「日産は三菱自動車ブランドを守り、尊重し、育てていくことを固く決意している」と強調した。

さらに「三菱自動車が直面する課題解決を支援し、とくに燃費に関するお客様の信頼回復に力を注ぐ」とも語り、「日産も数年前まで困難な状況にあったので、三菱自の従業員の方々の不安は理解できる。取引先、ディーラーの不安も理解できる。日本企業が別の日本企業と協業し、そして実際に必要な時に手を差し伸べ、問題を解決することで、こうした不必要な不安を払しょくすることは良いことに他ならない」と述べた。

  • 小松哲也
  • 日産自動車 カルロス・ゴーン CEO《撮影 小松哲也》
  • 日産 三菱 提携会見《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ