豊田自動織機、カーエアコン用電動コンプレッサー累計生産台数1000万台達成

業界 レスポンス

豊田自動織機は、カーエアコン用電動コンプレッサーの累計生産台数1000万台を4月18日に達成したことを発表した。

豊田自動織機は地球環境の保護や持続可能な社会の実現に向け、1990年代後半から電動コンプレッサーの開発に取り組んできた。2003年9月に発売の2代目「トヨタプリウス」に採用されて以来、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)に加え、電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)の快適な車内空間づくりと省燃費に貢献している。なお、新型の4代目「トヨタプリウス」に採用されたESB20では、新開発のモーターの採用と圧縮構造に改良を加え、前モデルに対して冷房能力を約30%向上させるとともに消費電力を8%低減している。

2015年末時点でHV・PHV・EV・FCVの環境対応車の世界累計生産台数は約1400万台と推計される。豊田自動織機は電動コンプレッサーの省燃費に寄与するモーター、出力密度を向上させたインバーターなどの機能部品を自社開発および内製化。小型軽量、高効率のコンプレッサーを世界中へ送り続け、生産開始から13年目で1000万台を達成した。なお、2015年度電動コンプレッサーの世界シェアは約70%超だった。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ