スバル、販売絶好調で国内ディーラー向けの在庫がたった97台に

業界 レスポンス

富士重工業(スバル)は5月12日、2016年3月期連結決算を発表した。それによると、連結販売台数が95万7900台と過去最高を記録。これで4期連続で過去最高の販売台数を更新し、まさしく絶好調といった感だが、吉永泰之社長にはそれを素直に喜べない事情があった。

「注文していただいたお客さまには本当に申し訳なく思っています。日本ではすべての車種で3か月お待ちいただいている状況なんです。3月末でいいますと、富士重工の国内ディーラー向けの在庫が97台しかなくなってしまったんです」

その状況は販売台数の65%を占める北米市場でも同様で、在庫が極端に少なくなっているそうだ。米国では通常、2か月、60日分の在庫を持つが、富士重工は20日、ものによっては10日分しかないのだ。「米国のディーラーに行くと、いつも怒られているんです」と吉永社長。

インセンティブにしても、平均約3000ドルのところ、富士重工は590ドルほど。サブプライム向けのローンもほとんどやっていないそうだ。

16年3月期はグローバル連結販売台数105万台と、初の100万台超えを目指す。吉永社長によれば、多少環境が悪くなっても、その達成は問題ないそうだ。「むしろ足りないことを心配しています」とのこと。

同社では“ちょこっと能増”によって、生産台数を増やしているものの、それでは全く追いつかない状況なのだ。しかも、その状況はしばらく続くと見ており、今回の決算で2020年のグローバル販売目標を110万台プラスαから120万台プラスαに上方修正した。

  • 山田清志
  • 富士重工業の吉永泰之社長《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ