テスラの新型EV、モデル3 …最終設計は未完了

エコカー レスポンス

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズが3月31日、米国で発表した新型EV、『モデル3』。同車の最終的な設計が、完了していないことが判明した。

これは5月10日、テスラモーターズが開示したSEC(米証券取引委員会)提出の四半期報告書において、明らかになったもの。同社は、「モデル3の最終的な設計は、完了していない」と公表している。

モデル3は、標準的なモデルが0-96km/h加速6秒以内。1回の充電での航続可能距離は、346km以上。米国ベース価格は、3万5000ドル(約375万円)と、上級EV『モデルS』の半額以下。それだけに、モデル3への顧客の関心は高く、先行予約が発表3週間でほぼ40万台に到達する人気となった。

しかし今回、モデル3の最終的な設計が、完了していないことが明らかに。さらに同社は、「モデル3の部品の調達と生産の一部が決定していない」とし、「現在、モデル3の生産に向けて、サプライヤーの評価や選考を行っている」と説明した。

なお、テスラモーターズの当初の計画では、モデル3の生産開始は2017年終盤を予定している。

  • 森脇稔
  • テスラ モデル3
  • テスラ モデル3
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ