【フェラーリ GTC4ルッソ】パフォーマンス、多用途性、スポーツラグジュアリーの3つの特徴

新車 レスポンス

フェラーリ『GTC4ルッソ』には、パフォーマンス、多用途性、スポーツラグジュアリーの3つの特徴があるという。

「GTC4ルッソは、砂漠地帯をはじめ、雪深い山岳路から市街地の道路まで、あらゆるドライビングコンディションで卓越したパフォーマンスを発揮するばかりではなく、ドライバーとパッセンジャーの両方にスポーティでエレガンス、ラグジュアリーな快適性を提供する」と話すのは、フェラーリ極東エリア統括CEOのディーター・クネヒテル氏だ。

「特にパフォーマンスはフェラーリのDNAだ」と最も重要な項目であるという。エンジン出力は690馬力(FFは660馬力)に高められたことにより、「途切れることのない加速をもたらす。この卓越した性能によって、クラストップのパワフルカーとなった」と述べる。

このエンジンの特徴は2つ。ひとつは2750rpmから最大トルクの80%を発生させることで、「低回転での走行においても優れたレスポンスを実現すること」。2つめは、「このモデルの多彩な性格を明確にする“サウンドトラック”だ。スポーティドライビング時には豊かでパワフルな音に。市街地走行時では、控えめなトーンに変化させる」という。

多用途性、使い勝手についてクネヒテル氏は、フェラーリが特許を取得した4RMS(四輪駆動、四輪操舵)を挙げる。これは、FFで搭載されていた4RMシステム(E-Diff、F1-Trac、SCM、ESCを統合したもの)の改良型4RM-EVOをベースに、四輪操舵システムを加えシステム統合したものだ。クネヒテル氏は、「これにより低グリップ路面における高いコントロール性が備わった上に、グリップ状況の良い時には、より優れたレスポンスを発揮するようになった。つまり、GTC4ルッソはどのような路面状況でも、常に最大のパフォーマンスを発揮するクルマに仕上がった」と自信を見せる。

そしてスポーツラグジュアリーについては、「スポーツ性やパフォーマンスだけでなく、ドライブすることの喜びと同時に、ラグジュアリーをもたらすということだ」とクネヒテル氏。「低くスポーティなフォルム。バランスの取れたプロポーション。そしてエアロダイナミクス効率向上など、我々のデザイン部門は膨大な作業に取り組んだ」という。

また、インテリアに関しては「完全にリデザインされた。90%以上の要素が新しくなり、ラグジュアリー性を高めることと同時に機能性も向上させた」。具体的には、エアバッグの小型化により新型ステアリングホイールはよりコンパクトになり、10.25インチのフルHDインフォテイメントパネルは、タッチセンサー対応となりドライビング中でも多彩なサービスの利用が可能になっている。

  • 内田俊一
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ GTC4ルッソ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ