19歳のホンダ系若手有望株・福住仁嶺、「GP3」デビュー戦で3位表彰台を獲得

モータースポーツ レスポンス

現地14日、F1スペインGPのサポートレースとして開催されている「GP3」シリーズ今季開幕大会の第1レースにおいて、今季が同シリーズ初参戦の19歳、福住仁嶺(ふくずみ にれい)が3位表彰台を獲得した。

「GP3」は、F1の登竜門として知られる「GP2」の直下に位置するフォーミュラレースシリーズで、GP2同様にF1のサポートレースとしての開催が基本。GP3の発足は2010年で、これまでのチャンピオンにはエステバン・グティエレス、バルテリ・ボッタス、ダニール・クビアトといった現役F1ドライバーが名を連ねており、近年、シリーズの存在感がどんどん高まってきている。

福住は徳島出身の19歳で、ホンダの人材育成プログラムに選抜されているドライバー。昨年の全日本F3選手権でホンダエンジン勢最上位のシリーズ4位となった若手有望株だ。今年はGP3を主戦場とすることになった。

福住のGP3での所属チームは「ART Grand Prix」。ARTには、14年の全日本F3王者、やはりホンダの育成選手である松下信治(のぶはる)が昨年から所属してGP2を戦っている。ARTでは昨年、ストフェル・バンドーンがGP2の、そしてエステバン・オコンがGP3の王者となった。バンドーンは今季スーパーフォーミュラに参戦中で、マクラーレン・ホンダからF1デビューも経験済み。オコンは今季DTMに参戦、F1ではルノーのリザーブドライバーを務めている。つまり福住は松下ともども、将来への大きなチャンスをつかんでいるのだ。

GP3今季開幕大会バルセロナ、予選で福住は4位となり、第1レース決勝ではひとつ順位を上げて3位でゴールした。優勝は予選3位だった同じARTのC.ルクレールで、決勝では最終的に2位以降を6秒ほど離して勝利。福住は2位の選手とは1.4秒差だった。

トップ3会見では、質問者に対しての「簡単な英語でお願いします!(笑)」という切り出しから始めた福住。「いい体制で戦えることが、プレッシャーになっていませんか」との問いには「特にストレスを感じたりはしていません。日本にいた時よりも落ち着いてレースできたと思います」と答え、「レースでのタイヤマネージメントはうまくいきましたか」という質問にも「良かったです」と語るなどして、デビュー戦3位の喜びを表わした。好スタートになったことは間違いなく、開幕大会第2レース以降の躍進にも期待がかかる福住だ。

なお、今季のGP3には往年のF1スターであるジャン・アレジと女優の後藤久美子さんの息子、ジュリアーノ・アレジも参戦。彼は今季初戦を22位で終えている。また、GP2もこのスペインGP併催大会から開幕しているが、チャンピオン獲得が期待される松下(昨季1勝)の今季初戦(第1レース)は11位という結果だった。第2レース以降の巻き返しが望まれる。

  • 遠藤俊幸
  • #2 福住はGP3デビュー戦で3位。写真:GP3
  • 優勝はチームメイトのルクレール。福住が3位で、ARTは1-3フィニッシュ。写真:GP3
  • #2 福住は予選4位から第1レース決勝3位に。写真:GP3
  • GP3今季初戦のスタートシーン。写真:GP3
  • F1と同じ表彰台に上がる福住。写真:GP3
  • 表彰式には堂々、日本国旗が。写真:GP3
  • #7 ジュリアーノ・アレジも今季はGP3に参戦。写真:GP3
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ