ルノー カングー ペイザージュ、第4弾は赤と緑が織りなすバスクの風景をイメージ

新車 レスポンス

ルノー・ジャポンは、フランスの風景をテーマとした『カングー ペイザージュ』の第4弾として、フランスとスペインにまたがるバスク地方をイメージしたモデルを6月2日から200台限定で販売する。

「ペイザージュ」は、フランス語で風景を意味する。「ペイザージュ」を車名に持つカングーは、フランスの風景をテーマとするボディカラーの限定車。第4弾となる今回のカングー ペイザージュは、バスク地方の風景をイメージしたモデルとなる。。

独自の文化を持つバスク地方の人々は、とても情熱に溢れている。町には、この情熱を表す赤に彩られた木組みのバスク建築が多く見られる。同様に、豊かな自然を表す緑の建物も多く、この赤と緑のコントラストがバスク地方の特徴的な風景となっている。今回のカングー ペイザージュは、この情熱の赤と豊かな自然の緑の2色をボディカラーとした。

そのほか、シルバードアミラーやプライバシーガラス、カーテン エアバッグ、フロントシートバックテーブル、可倒式助手席を装備する。

価格はATが241万5000円、6MTが247万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ルノー カングー ペイザージュ
  • ルノー カングー ペイザージュ
  • ルノー カングー ペイザージュ
  • バスク建築
  • フロントシート バックテーブル
  • 可倒式助手席
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ