三菱、日産から資金調達…ピックアップトラックと SUVの新商品投入へ

業界 レスポンス

5月12日、日産自動車との資本提携を発表した三菱自動車。日産から調達した資金を、三菱自動車はどう活用していくのか。

今回の資本提携では、三菱自動車が第三者割当増資を行い、5億0662万株の新株を発行。この新株を日産に割り当てることで、三菱自動車は2373億円の資金を調達する。

日産と三菱自動車は、「三菱自動車の調達資金の使途の詳細については、現時点では未定」との立場。しかし、両社が想定しているのが、「フレームベースのピックアップトラックとSUVの新商品投入」に、資金の一部を充当すること。

かつて、『パジェロ』が大ヒットした三菱自動車。ここ数年、三菱自動車はSUVを主力製品に位置付けてきた。日本国内では『アウトランダー』や『デリカD:5』、東南アジアではピックアップトラックの『トライトン』やSUVの『パジェロスポーツ』などが支持されている。

日産自動車も、フレームベースのピックアップトラックと SUV が、「三菱自動車の戦略商品」と認めている。三菱自動車は得意分野に、日産から得た資金を効率的に投入し、立て直しを図ることになる。

  • 森脇稔
  • 三菱 トライトン 新型
  • 三菱 パジェロ スポーツ 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ