アウディ A8 次期型、2017年発表へ…自動運転技術搭載

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディの最上級サルーン、『A8』。同車が2017年、欧州でモデルチェンジを受けることが確定した。

これは5月12日、アウディがドイツで開催した年次株主総会において、明らかにしたもの。同社のルパート・シュタートラーCEOは、「2017年、新型A8を初公開する予定」と発表している。

現行A8は、2009年12月にデビュー。初代A8から15年間に渡って脈々と受け継がれるオールアルミボディ構造の「ASF」(アウディ・スペース・フレーム)を採用。現行型では高張力アルミを導入するなどさらに進化し、一般的なスチールボディ車と比較して、約40%もの軽量化を実現した。

2013年末には、大幅改良モデルを発表。現行型のデビューからちょうど4年を経て、内外装を中心に、初の大がかりな改良が施された。

今回アウディは、新型A8の2017年のデビューを確約。アウディは、「自動運転技術を搭載したアウディブランド初の量産車になる」と説明している。

  • 森脇稔
  • アウディ A8 改良新型
  • アウディ A8 改良新型
  • アウディ A8 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ