富士通テン、通信型ドライブレコーダーを使った安全運転管理テレマティクスサービスを発売

業界 レスポンス

富士通テンは、通信型ドライブレコーダー「G500Lite」を使い安全運転を支援する「安全運転管理テレマティクスサービス」を6月1日より発売する。

今回発売する安全運転管理テレマティクスサービスは、過酷な車載環境に対応した車載品質設計の通信型ドライブレコーダー「G500Lite」とクラウドを連携させ、「計画」「記録」「解析」から「教育・学習」までをトータルサポートする。

新サービスでは、急ブレーキや急ハンドル、車両のふらつき、前方車両との距離など運転状況をクラウドに自動収集。簡単操作で個人の運転特性を解析して運転診断書や改善点のコメントを自動で作成したり、過去の運転データを基に改善項目と目標値の推奨値を自動で設定したりするなど、安全運転の計画から教育までをサポートする。

また、新サービスを利用する全車両の走行データや映像データを蓄積・解析することで、事故リスクの高い地点を抽出し、ヒヤリハットマップを作成。将来的にはドライバーの性別や年齢など、属性に応じた注意喚起を行うことで事故防止につながるサービスを提供していく。

富士通テンは、5月19日・20日に東京国際フォーラムで開催される「富士通フォーラム2016」に新サービスを出展する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 安全運転計画表
  • 安全運転診断表
  • ふらつき/車間距離分布解析
  • KY資料作成支援画面
  • 動態管理画面
  • ヒヤリハットマップ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ