【SBK 第6戦】ジョナサン・レイ、2連覇に向け盤石な走り

モータースポーツ レスポンス

スーパーバイク世界選手権(SBK)第6戦マレーシア大会が、5月13日から15日までの3日間、セパン・インターナショナル・サーキットで開催され、レース1でカワサキが1-2フィニッシュを達成した。

第1レース、総合ランキングトップを走るジョナサン・レイ(カワサキ)は、ポールポジションからの好スタートを決めたチームメイトのトム・サイクスを追った。しかし、サイクスのペースは速く、フロントタイヤのパフォーマンスをキープしたいレイは、総合2位で3番手を走るチャズ・デービス(ドゥカティ)との差をキープしながら2位でフィニッシュした。

ウエットコンディションとなった第2レースでも、レイは落ち着いた走りを見せた。レース前半、トップに立ったニッキー・ヘイデン(ホンダ)を視野に入れながら2番手を走行。中盤には、追い上げてきたダビデ・ジュリアーノ(ドゥカティ)とデービスにかわされて4番手にポジションを落とすも、ラスト3周でデービスを抜き返して3番手に浮上。トップのヘイデン、2番手のジュリアーノには届かずも、デービスとの差をキープして3位でチェッカーを受けた。

これでレイは、開幕から6戦12レースを終えて、5勝を含む12戦連続表彰台。今大会3位、4位のデービスとの差を35点から42点へと広げ、2年連続タイトル獲得に向けて、また一歩前進した。

■レース1

1位:トム・サイクス(カワサキ)

2位:ジョナサン・レイ(カワサキ)

3位:チャズ・デービス(ドゥカティ)

4位:ジョルディ・トーレス(BMW)

5位:アレックス・ローズ(ヤマハ)

6位:ダビデ・ジュリアーノ(ドゥカティ)

■レース2

1位:ニッキー・ヘイデン(ホンダ)

2位:ダビデ・ジュリアーノ(ドゥカティ)

3位:ジョナサン・レイ(カワサキ)

4位:チャズ・デービス(ドゥカティ)

5位:アンソニー・ウエスト(カワサキ)

6位:マイケル・ファン・デル・マーク(ホンダ)

■ポイントスタンディング

1位:ジョナサン・レイ(カワサキ)257P

2位:チャズ・デービス(ドゥカティ)215P

3位:トム・サイクス(カワサキ)187P

4位:マイケル・ファン・デル・マーク(ホンダ)125P

5位:ダビデ・ジュリアーノ(ドゥカティ)118P

6位:ニッキー・ヘイデン(ホンダ)115P

  • 纐纈敏也@DAYS
  • カワサキレーシングチーム
  • トム・サイクス(カワサキ)
  • ジョナサン・レイとトム・サイクス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ