【ジャガー XF 新型】“THE ART OF PERFORMANCE”とは、絶対値ではなくフィーリング

新車 レスポンス

ジャガーは近年、ブランドの捉え方を変更し、新生ジャガーとして新しいポジショニング、自己認識を持って事業に取り組んでいるという。

そう話すのは、ジャガー・ランドローバー・ジャパンディーラー開発部の内藤久善氏だ。創業者であるサーウイリアムライオンズの、「クルマは人間が作る最も生き物に近いものだ」という言葉が出発点で、「ジャガーは世界で最も選ばれるパフォーマンスブランドになることを掲げている」と話す。

ブランドを構成する要素は、「素晴らしいパフォーマンス、直感的なテクノロジー、そして演出された室内空間を組み合わせてユーザーの五感を刺激することだ」と内藤氏。「五感を刺激するようなエンターテインメントを通して、優れたパフォーマンスと美しい魅惑を提供していくブランド。これが現在のジャガーブランドの姿だ」という。

現在ジャガーブランドを象徴するワードは“THE ART OF PERFORMANCE”。「ドイツ系ブランドでパフォーマンスというと、カタログ数値などの数字を指すが、ジャガーは数字ではなく感じるものだ」と述べる。

また、ジャガーブランドは現在3つの柱で構成されている。ひとつは『Fタイプ』のスポーツカーで、「今後スポーツカーは“タイプ”という名称を使う」。次にパフォーマンスクロスオーバーだ。『これは間もなく日本にも導入する『Fペース』で、このカテゴリーは“ペース”という名称を使う。このペースは英語で速さを意味している』と述べる。そして最後がサルーン系で“ X”というワードで始まるなど、「今後ジャガーのプロダクトポートフォリオは広がりを見せていくだろう」とした。

内藤氏は今後のジャガーブランドが目指す方向性について、「我々はパフォーマンスブランドで、現在ターゲットとしているのはドイツのパフォーマンスブランドだ。しかし、そことは違うアプローチで挑んでいく」とし、それがTHE ART OF PERFORMANCEなのである。「ドイツ系はスペックで計測可能な数値をパフォーマンスとして表しているが、ジャガーのパフォーマンスの定義はフィーリングだ。お客様がどう感じるかが重要なのだ」と語った。

  • 内田俊一
  • ジャガー XF《撮影 内田俊一》
  • ジャガー XF《撮影 内田俊一》
  • ジャガー XF《撮影 内田俊一》
  • ジャガー XF《撮影 内田俊一》
  • ジャガー Fタイプ
  • ジャガー F-PACE
  • ジャガー XJ(2016年モデル)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ