【マセラティ レヴァンテ】流麗なデザイン、SUVである前に“マセラティ”であることを表現

新車 レスポンス

これまで、多くのマセラティは“風”の名前を使っており、今回日本でも発表された新型SUV『レヴァンテ』も同様である。

例えば『ボーラ』、『カムシン』、『シャマル』をはじめ、現在販売している『ギブリ』も同様に風の名前を付けられている。そしてレヴァンテは「地中海に吹く風の名前から取られた」とは、マセラティ・ジャパン代表取締役社長の牧野一夫氏の弁。

更に、「レヴァンテはSUVの形をしたまぎれもないマセラティだ」と牧野氏。「一目でマセラティとわかるサイドのキャラクターラインを生かしたスタイリングや、クーペのような流麗なデザイン」は、マセラティのデザイン部門、チェントロスティーレの手によるものだ。

その特徴は、「100周年を記念して、2014年に発表されたコンセプトカー、『アルフィエーリ』のグリルを踏襲。そしてヘッドライトやマセラティ特有の3連サイドベント。そしてリアに至るまでまさに流麗なプレスラインを構成している」という。

また、「マセラティ全モデル共通のフレームレスドアがクーペのデザインを際立たせている」と牧野氏。これが可能なのは、高いボディ剛性が確保されているからだ。

レヴァンテは、「ギブリのシャシーをベースにしていることにより、前後50:50の重量配分を実現。更にセグメント内で最も低い重心位置だ」。また牧野氏は、「Cd値はギブリと同じ0.31を実現することや、最高速度がクラストップである」ことなどを挙げ、「マセラティはレヴァンテに対して、マセラティブランドの原点であるスポーツカーというエッセンスを大幅に取り入れている」とコメントする。

そして、FRをベースとしたAWDシステムを全車に標準装備していることから、「まさしくスポーツカーの走りを実現している。スカイフックサスペンションも採用しているので、ドライバーが意のままにドライビングを楽しめる」と話す。

最後に牧野氏は、「レヴァンテはマセラティ特有のエグゾーストノートを奏でる。これが何よりもレヴァンテがSUVである前にマセラティであることを表現している」と、全てにおいてマセラティ一族のクルマであることを語った。

  • 内田俊一
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ