日立化成、耐久性を従来品比1.5倍にしたアイドリングストップ車用鉛バッテリーを発売

業界 レスポンス

日立化成は、アイドリングストップシステム(ISS)車向けに耐久性を従来比1.5倍に高めた次世代鉛バッテリーの新製品「Tuflong G3」を発売すると発表した。軽自動車向けM-44サイズを6月に発売し、乗用車向けは今秋に発売する予定。

ISSは最近の多くのモデルに採用されており、日本をはじめとしてグローバルで急速に市場が拡大している。ISS車は、エンジン停止後、再始動時にバッテリーから大容量の電力が放出されるため、走行中に短時間で電力を蓄える必要があり、ISS車に搭載するバッテリーは通常のバッテリーと比較して頻繁に充電と放電を繰り返す。このため、大きな負荷がかかり、バッテリーの劣化が生じて、ISS機能が働かなくなる場合がある。

このため、耐久性と充電受入性能を向上させたISS車用鉛バッテリーが求められていた。今回発売する「Tuflong G3」には、電解液の成層化を抑制し、耐久性を高めることができる新型セパレータ「G3セパレータ」を採用し、耐久性を従来品と比べて1.5倍とした。製品保証もISS車用鉛バッテリーとしては業界初となる38カ月(距離無制限)保証とした。

車両搭載時の経年劣化が少なく、エンジン始動を数万回分繰り返した状態でも、従来のISS対応品と比較して車両の燃費効果が高いことを実証したとしている。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ