【テスラ モデルS 改良新型】デザイン一新、自動駐車機能の無料配信も開始

新車 レスポンス

テスラモーターズは5月18日、外観デザインを一新した『モデルS』の納車および自動駐車機能『サモン』の無料配信を日本で開始したと発表した。

今回の改良ではヘッドランプがフルLED化されたのを始め、従来の黒いノーズコーンから『T』エンブレムを強調したフロントマスクが採用された。

テスラモーターズジャパンのニコラ・ヴィレジェ代表は同日都内で開いた発表会で「時代とともにデザインも新しくなった」とした上で、「ノーズコーンは『モデルX』や『モデル3』と共通のデザインにした。当然のことながらエンジンが無いのでグリルが不要で、デザインの可能性を広げることができる。またサイドロッカーはボディカラーに合わせて非常に高級感を出した」と説明した。

同時に配信が開始されたサモンは、すでにアメリカで1月から提供されているもので、スマートフォン操作で車外からモデルSを自動で駐車させることができるというもの。自動駐車は直線方向のみの動きになるが前進駐車だけではなく、後進しながら駐車できるのが特徴としている。最大12mまで遠隔操作が可能という。

サモンは納車済みのモデルSでもソフトウェアをアップデートすることで機能を追加することができる。今後納車される車両に関してはインストールした状態で引き渡されるとしている。また『モデルX』や『モデル3』にもサモンが適用されるという。

  • 小松哲也
  • テスラ モデルS 改良新型《撮影 小松哲也》
  • テスラ モデルS 自動駐車機能サモン《撮影 小松哲也》
  • テスラモーターズジャパン ニコラ・ヴィレジェ 代表《撮影 小松哲也》
  • テスラ モデルS 自動駐車機能サモン《撮影 小松哲也》
  • テスラ モデルS 自動駐車機能サモン《撮影 小松哲也》
  • テスラ モデルS 改良新型《撮影 小松哲也》
  • テスラ モデルS 改良新型《撮影 小松哲也》
  • テスラ モデルS 改良新型《撮影 小松哲也》
  • テスラ モデルS 改良新型《撮影 小松哲也》
  • テスラ モデルS 自動駐車機能サモン《撮影 小松哲也》
  • テスラモーターズジャパン ニコラ・ヴィレジェ 代表《撮影 小松哲也》
  • テスラ モデルS 自動駐車機能サモン《撮影 小松哲也》
  • テスラ モデルS 自動駐車機能サモン《撮影 小松哲也》
  • テスラ モデルS 改良新型《撮影 小松哲也》
  • テスラ モデルS 改良新型《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ