スズキ鈴木会長「お客様に迷惑かけないので販売続ける」…210万台が国の規定と異なる燃費試験

業界 レスポンス

スズキの鈴木修会長、鈴木俊宏社長らは5月18日、国土交通省に燃費データの測定方法について、国の規定とは異なる測定を行っていたと報告し、同省で記者会見した。

このなかで鈴木社長は、空気抵抗など燃費に関する試験について実測したデータを使わなかったことを示し、対象車両は「2010年以降のモデルであり、210万台を少し超える」と明らかにした。国内販売している16車種すべてが該当するという。

ただ、燃費性能については自社確認した結果、いずれも国の認証値との差異が「5%まで全然いっていない」(本田治副社長)とした。このため鈴木会長は「お客様にご迷惑をかけることはないので、販売は続けさせていただく」と語った。

  • 池原照雄
  • 18日、国交省で会見したスズキの鈴木修会長、鈴木俊宏社長《撮影 池原照雄》
  • 現在販売している新型車、スズキ バレーノ(参考画像)
  • 18日、国交省で会見したスズキの鈴木修会長、鈴木俊宏社長《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ