【マセラティ レヴァンテ】より日常使いに適した「新たなマセラティ」

新車 レスポンス

マセラティ・ジャパンが発表したマセラティ初のSUV『レヴァンテ』。日本には3グレードが導入される。

「レヴァンテは一般的にはSUVというカテゴリーに分類されるが、我々は新たなマセラティを作ったと自負している」とは、同社代表取締役社長の牧野一夫氏の弁。そして、「そこには数値やスペックでは語り切れない、100年以上前のレースメーカー創業時から持ち続けている熱い走りへの情熱と、美しいものを作り続けたいというこだわりが脈々と受け継がれている」という。

更に、「スポーツとラグジュアリー、伝統技術と最新技術が織りなすレヴァンテは、他のマセラティモデルと同等のオンロード走行性能を実現すると同時に、SUVとしてのオフロードの走破性能も高いレベルで実現している」と述べ、「日常使いにより適したマセラティだ」とマセラティブランドとレヴァンテの魅力を語る。

日本に導入されるレヴァンテは3モデル。マセラティが設計し、フェラーリのマラネロ工場で製造されるV6ツインターボガソリンエンジンが搭載される350馬力のレヴァンテ(1080万円)。フラッグシップモデルの430馬力のレヴァンテS(1279万円)。ギブリディーゼルと同じエンジンを採用しているレヴァンテディーゼル(価格未定)だ。

導入時期について牧野氏は、「ガソリンの2モデルを9月から導入予定。ディーゼルは来春。販売は5月10日からガソリンモデルの受注を開始した」とコメントした。

  • 内田俊一
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
  • マセラティ レヴァンテ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ