米アップル、中国配車サービス最大手に出資

テクノロジー レスポンス

米国のアップル(Apple)社が、中国の配車サービス最大手企業に出資したことが分かった。

これは5月13日、中国に本拠を置く企業、滴滴出行(Didi Chuxing)が明らかにしたもの。同社は、「アップルが10億ドルを投資。これまでに受けた単一で最大の投資額になった」と発表している。

滴滴出行は、中国の配車サービス最大手企業。1日当たり1100万人を超える乗客を運んでいる。中国の400以上の都市でサービスを展開中。

また、滴滴出行は1400万人の中国人ドライバーと協力。市場シェアは、個人所有車の手配で87%以上、タクシーの手配では99%以上を誇る。

アップルのティム・クックCEOは、「我々は滴滴出行が構築したビジネス、素晴らしいリーダーシップチームに大変感動しており、同社の成長と共にサポートしていきたい」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • 中国配車サービス最大手、滴滴出行(Didi Chuxing)の公式サイト
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ