BMW 3シリーズ に新世代クリーンディーゼル搭載…輸入車クラストップ燃費

新車 レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW『3シリーズ』のクリーンディーゼルモデル「320dセダン/ツーリング」に新世代2リットル4気筒ディーゼルエンジンを搭載し、5月28日より販売を開始する。

アルミ合金製クランクケースを採用した新エンジンは、最新のコモンレール・ダイレクトインジェクションシステムと可変ジオメトリーターボチャージャーを組み合わせ、最高出力は従来モデルから6psアップの190ps、最大トルクは20Nmアップの400Nmを実現。一方で、燃料消費率(JC08モード)は約10%向上の21.4km/リットル、輸入車クラストップの低燃費を実現する。

また、従来モデルから引き続き、メンテナンスフリーの最先端排出ガス処理技術「BMW BluePerformanceテクノロジー」を採用し、日本のポスト新長期規制に適合する優れた環境性能を実現。自動車取得税・重量税が免税、翌年度の自動車税も75%減税となる。

価格はセダン/ツーリングともに512万円から557万円。

そのほかBMWジャパンは、安全な車線変更をサポートする「レーン・チェンジ・ウォーニング」を3シリーズ セダン/ツーリングのほぼ全モデルに標準装備。運転支援システムの標準装備内容を充実させた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • BMW 3シリーズ ツーリング
  • BMW 3シリーズ セダン
  • BMW 3シリーズ ツーリング
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ