アキュラ、最新自動運転車の開発車両を初公開…2世代目に進化

業界 レスポンス

ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは5月18日、米国カリフォルニア州において、アキュラ『RLX』(日本名:ホンダ『レジェンド』)の2世代目の自動運転車の開発車両を初公開した。

この開発車両は、アキュラ『RLXハイブリッド』がベース。同車には市販車同様、「スポーツハイブリッドSH-AWD」システムが組み込まれる。

2世代目の自動運転車の開発車両には、最新のレーダー、カメラ、GPSセンサー、高性能コンピュータなどを搭載。ヒートマネジメントを高めるなどの改良も施し、ソフトウェアのアップデートも図られた。

この開発車両は、米国カリフォルニア州のホンダの研究センターが、サンフランシスコのプルービンググラウンドを拠点に走行試験を行う予定。

アキュラは、「2020年ごろ、自動運転技術の市販車への導入を目指す」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • アキュラRLX(ホンダレジェンド)ベースの最新自動運転車の開発車両
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ